中性脂肪の仕組み

中性脂肪という言葉はよく耳にしますが、どのような物質かを詳しく知っているという方は少ないでしょう。
中性脂肪は三種類の脂肪酸とグリセロールが結合してでき上がったものであり、トリグリセドと呼ばれています。
人間の血液にはいくつかの脂質が含まれており、コレステロール、遊離脂肪酸、リン脂質、中性脂肪などが存在しています。脂肪と聞くとあまり良い印象を持たないかもしれませんが、実は体を動かすうえで欠かすことのできない大切な役割を担っています。人間が生命活動を維持するためにはエネルギーが必要ですが、そのエネルギーの源となるのが脂肪です。
また、脂肪によって体温を維持したり、衝撃から体を守るなどの重要な働きもあります。いくつかある脂肪の中でも蓄積されている中性脂肪は、いざというときのために蓄えられているものだと考えると分かりやすいでしょう。
いくつか種類のある脂肪の中でも、中性脂肪が一番多いと言われています。しかし、必要以上に蓄積されてしまうと、余分な体脂肪に変わっていきます。
中性脂肪は本来、血液中に存在しながら体中に行き渡ります。必要な組織に届けられますが、余った分は血液を通して肝臓に蓄積されていくのです。
体を動かすエネルギーとして使われる中性脂肪ですから、糖質の倍も高いエネルギーを秘めています。何かがあったときのために体に蓄えられているのが中性脂肪ですが、現代人が栄養不足になることは考えられませんね。そのため、中性脂肪が過剰に蓄積されている方が多くなっているのです。
中性脂肪が増え過ぎると、血液の流れがドロドロになって血管が詰まりやすくなります。動脈硬化や脂肪肝、心筋梗塞などの生活習慣病に繋がるため、中性脂肪値を常に正常に整えておくことが大切です。