中性脂肪の改善に有効な運動とは?

中性脂肪という言葉をよく耳にすると思いますが、どのような脂肪を中性脂肪と言うのか分からないという方も少なくないでしょう。具体的には内臓脂肪や皮下脂肪のことを差しています。
脂肪と聞くとマイナスイメージの方が強いでしょうが、実はどちらの脂肪も体になくてはならない存在です。体を動かすエネルギーとなったり、衝撃から守る役割を果たしています。
しかし、脂肪は必要以上に蓄積されてしまう性質があります。しっかり自己管理を行わないとどんどん脂肪は増え続け、やがて肥満を引き起こしてしまいます。肥満は見た目を悪くするだけでなく、生活習慣病を発病させる原因にもなるため注意が必要です。
近年は、メタボリックシンドロームに悩む方が増えています。年に一度受ける健康診断でも、中性脂肪値の高さを指摘されることになります。中性脂肪が高いまま放置してしまうと、重大な病気を招くリスクが高くなるため、早目に改善することが大切です。
中性脂肪値が高くなった原因は、それまでの生活習慣の積み重ねがほとんどです。そのため、中性脂肪値を下げるには生活習慣の改善が必要になります。
第一に食生活の改善から始めましょう。食事の内容を変えたり摂取量を減らすことで、中性脂肪値が今以上に高くなることを予防できます。また、溜まった中性脂肪を解消するためには、運動療法も取り入れなければなりません。ただ、それまで運動不足だった方がハードな運動を始めても継続させることが難しくなりますから、初めは軽いウォーキングやエクササイズなどの運動を実践してみましょう。中性脂肪の改善に効果的な運動は、有酸素運動だとされています。脂肪が燃焼し始めるには15分は掛かります。短くても15分以上運動を続けるようにしましょう。