中性脂肪の標準的な数値

健康診断を受けると、中性脂肪の数値が記載されてきますね。
中性脂肪は、血中に含まれる脂肪の状態を表しています。血液中に含まれる脂肪を調べることで、中性脂肪の計測が可能になっているのです。
健康診断を受ける当日は、数時間前から食事を摂らないよう指示があります。なぜかというと、中性脂肪値は食事の内容や時間によっても変動するものだからです。
中性脂肪値が40〜130mg/dlの範囲内であれば正常と判断されます。毎年受けていれば前年の数値も確認することができますから、上がっていたり下がっていれば何が原因かは察しが付くでしょう。
自分の数値が130mg/dlよりも高い場合は、中性脂肪の改善が必要になります。多少高いという段階なら、早期に改善することで正常に戻すことができますが、数値が150mg/dlをオーバーすると危険な状態だと診断されるしょう。高脂血症となりますから、医師の診察を受けて治療を始めなければなりません。中性脂肪値を下げる薬が処方されたり、生活習慣の改善を促されます。
中性脂肪値やコレステロール値が高くなると高脂血症と診断されることになりますが、血液中で何が起こっているかというと、血液の流れがサラサラではなく、ドロドロとした状態になっているのです。血液の粘度が高まり血管に詰まりやすくなっています。血液の通り道である血管は非常に細くなっているため、血栓が生じやすいのです。
動脈硬化が起こり、脳梗塞や心筋梗塞といった病気を発病しやすくなります。
中性脂肪値は、決して肥満体形の方だけが高くなるわけではありません。スリムなスタイルでも中性脂肪値が高いこともあるのです。
中性脂肪値は体型だけで判断できず、血液検査を受けて初めて分かるものです。中性脂肪値が高くても自覚症状はないため、自分で気付くことはできません。早期発見・早期治療を実現させるためにも、年に一度の健康診断を必ず受けるようにしましょう。