薬物療法で中性脂肪値を改善

血液検査を受けて中性脂肪値が高いことが判明したら、直ちに改善に取り組むことが大切です。
しかし、忙しい現代人にとって生活習慣の改善は、簡単に実現するものではありませんね。また、食事の内容を見直しても、中性脂肪値が改善されないという方も少なくないでしょう。
中性脂肪値が高いまま時間が経過すると、生活習慣病に繋がるリスクが上昇してしまいます。心筋梗塞や脳梗塞といった怖い病気を発病する可能性が高くなるため、生活習慣の見直しだけで中性脂肪値の改善がみられない場合は薬物療法が行われることになります。
通常、脂質異常症などの症状を改善するためには、半年間程度食事療法が行われます。しかし、食事療法で効果が期待できない場合は、さらに薬を使った治療が進められます。
中性脂肪値の改善に有効な薬は三種類あり、EPA系、ニコチン系、フィブラート系に分けられます。
EPA系というのは、タンパク質を減少させることで中性脂肪の合成を妨げる働きがあり、中性脂肪値の改善に効果的です。
ニコチン系には、中性脂肪を分解する作用があります。
フィブラート系の薬では、中性脂肪やコレステロールを減少させたり、肝臓で中性脂肪が生成されないように抑えるなどの働きに期待できます。
中性脂肪値の改善を薬物療法で行うというのは、最終手段とも言えます。本来は食事の見直しや運動療法などの生活習慣を改善しながら効果を上げていきます。生活習慣を見直しても中性脂肪値が改善されない場合は、心筋梗塞や脳梗塞を発病させないために薬が使われます。また、薬を服用しているからといって、生活習慣を改善しなければ病気のリスクは減少しません。食事療法と運動療法は、必ず必要な治療法となります。