コレステロールと中性脂肪の働きとは?

皆さんはお勤めの会社や自治体などを通して、年に一度健康診断を受けていると思います。その結果は、数値などが項目ごとに記載されてくることになります。現代人にとって気になるのは、やはりコレステロールや中性脂肪の数値ではないでしょうか?
コレステロールも中性脂肪も日頃の生活習慣によって左右されるものですが、具体的にどのようなものを差しているのか分からないという方も少なくないでしょう。
どちらも数値が高いと体に良くないというイメージはありますね。
実は、コレステロールも中性脂肪も脂肪の一種になります。しかし、それぞれが異なる名称を持っているわけですから、当然同じ種類の脂肪ではありませんね。
コレステロールとは、体内のさまざまな組織を構成する脂肪になります。また、中性脂肪は体を動かすエネルギーとして使用する脂肪になります。つまり、中性脂肪はエネルギーとして燃焼してしまえば数値が高くなることはないのです。食事で摂取する分と消費する分のバランスが取れず、摂取量の方が多くなると中性脂肪が蓄積されていくことになります。
全く違う働きを持つコレステロールと中性脂肪ですが、存在する場所が血中であることは共通しています。血中に含まれ、全身に運ばれていくのです。
コレステロールと中性脂肪の数値が正常である場合は、各組織において必要な分が使われているということを表しています。しかし、正常の範囲を超えている場合は、余分なコレステロールと中性脂肪が血中に蓄積されているのです。
この状態を放置しておくと血液の流れがサラサラではなくなり、ドロドロとして滞りがちになります。これが原因となって血栓を発生させ、動脈硬化などの病気を引き起こしてしまいます。