アルコールで中性脂肪が増える?

中性脂肪値を高くする原因といえば、過食や偏った栄養バランスが挙げられます。同時に、アルコールの過剰摂取も中性脂肪値に悪い影響を与えます。
アルコールも適量であれば、体に害を及ぼす心配がありません。しかし、毎日飲む方やつい飲み過ぎてしまう方は、中性脂肪値が高くなりやすいため注意が必要です。
既に改善が必要な中性脂肪値になっている場合は、数ヶ月間アルコールを絶つだけでも高い効果が実感できます。
アルコールを飲む際は、おつまみも一緒に食べることになります。おつまみは味の濃いものや塩分濃度の高いものが中心になりますから、それだけで余分なカロリーを摂取してしまうのです。カロリー消費が間に合わなくなり、中性脂肪だけでなくコレステロールまで増やしてしまいます。
アルコールを習慣的に摂取する方の場合、高コレステロール血症や高中性脂肪血症といった病気を発病しやすくなります。
脂っこい肉料理だけが中性脂肪を増やす原因ではありません。アルコールによって肝臓に中性脂肪を蓄積させてしまうのです。
アルコールを摂取すると、肝臓によって分解されます。このアルコールを分解する途中で中性脂肪を生成してしまうことが肝臓に中性脂肪を溜める原因となります。中性脂肪が過剰に蓄積されるようになると、肝臓の病気を発病しやすくなります。脂肪肝から肝硬変、肝臓ガンといった病気に繋がるため、肝臓への中性脂肪の蓄積は予防することが大切です。
ただ、中性脂肪が肝臓に蓄積されていたとしても、自分で分かるような自覚症状はほとんどありません。早期発見のためにも年に一度の健康診断が重要になってきます。
また、予防策としては節酒や適度な運動、ストレス解消を心掛けましょう。